さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2011年06月28日

日本列島汚染計画

みなさま、いかがお過ごしですか。
あいれんは、運動会(小学校と幼稚園なので2回)でお弁当づくりにいそしんだり
歯医者さん通いをしたりしています。

そんな日々の中、さきほど、このような記事を見つけて仰天したところです。

放射性物質の汚泥 新たな基準

NHKのサイトですから、まさかデマではありますまい。

東北や関東で線量を気にしながら子育てしている人たちが、西から汚染されていない食材を取り寄せたり、
北海道の牛乳を選んでいる努力が無駄になってしまうのでしょうか。

放射性物質を含んだ下水の汚泥がたまり続けるニュースを見た方は多いと思います。
下水を処理する以上日々たまるので、何らかの指針が必要だとは思っていたのですが
まさか肥料化ですか!!!
建材にするのも勘弁してほしいと思っていたのに。

放射性物質は肥料化しても、日ざしにあてても変化しません。
それらを減少させることができるのは「時間」だけなのです。

こんな「肥料」がどんどん流通してしまったら、
「子どもたちよ、北海道の野菜は安心だよ、食べて!」と言えない事態がやってくるのです。

脱力してしまいます・・・。

でも、脱力してもいられません。

肥料化するということは、農家が買ってまかなければ大丈夫、という事でしょう?

農家はどこから肥料を買うか。

「家庭菜園レベルでない、本気の農家」は基本的に農協から肥料を買っています。

農協にコンタクトして、扱わないように求めたいと思います。


あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(あいれんの言いたい放題)の記事
 日が昇ればまた新しい一日。 (2012-12-17 02:35)
 10年本気で続ければ、誰でも何かの専門家。 (2012-02-05 09:37)
 下水の復旧も待ったなし (2011-03-29 15:18)
 福島第一原発事故に関する雑感 (2011-03-23 20:16)
 食品汚染と聞くと不安だろうけど (2011-03-20 15:56)
 検索される私達 (2009-11-22 14:09)

この記事へのコメント
北海道農業協同組合中央会の購買担当部署へ、運よく事故の影響が軽かった北海道の農地までもが汚染される事への懸念をしたためて手書きの手紙を送りました。

したらば、今日ポストへ返信が。

--------以下抜粋。
日頃より、北海道農業にご理解をいただき、北海道産農畜産物をご愛用いただき誠にありがとうございます。
このたびは、放射性物質による農地汚染についてご心配いただき、お手紙までいただきましたこと、有り難く感じております。

(中略)

本会では、汚泥を原料とした肥料については、基本的に、生産された県内で流通されるものと認識しており、北海道内で、他府県産の使用実態はないと認識しております。
(以下省略)
--------
北海道にはまかないのか。

しっかし、問題は解決していないのだ。あれだけの県で、下水から汚染汚泥が出ている。汚泥は毎日たまるのだから、ためておく事にも限度があるだろう。しかし、農地にはまかせたくない。 お母さん方が頑張って除染して流したはずの放射性物質が「野菜のかっこう」して戻ってくるなんて考えただけでもぞっとする。

どうしたら。
Posted by あいれん at 2011年07月09日 17:11
NHKニュースへのリンクが切れてたので、農林水産省の関連URLをはっておきましょ。

http://www.maff.go.jp/j/syouan/nouan/kome/k_hiryo/caesium/point.html
Posted by あいれん at 2011年07月16日 16:25
野呂さんの講演でご一緒させていただいた西川です。

早速ですが、農協への手紙の内容を教えてください。
私も見習うべきことがたくさんで、目からうろこです。

がんばってください。

また会えますように・・・
Posted by 西川美希代 at 2011年08月26日 23:10
西川さん、こんにちわ。
講演会お疲れさまでした!

地域エゴに思われる文面だとまずいかな?と考え、ひたすら北海道の農業を心配する内容です。
あらためて記事にしますので、そちらをご覧くださいませm(__)m
Posted by あいれん at 2011年08月31日 10:16
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
日本列島汚染計画
    コメント(4)