さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2011年03月23日

福島第一原発事故に関する雑感

福島第一原発の事故は、やっと沈静化への道が見えてきたようだ。
冷却用に海水を投入するのにも限度があると思うので、外部電力が通電できたことをまずは喜びたい。

小3の娘に聞かれた。

「ここって電気作ってたとこなんでしょ?なんで今まで電気がなかったの?」

えーっと。電気はためておけないんだよ。

作業にあたっておられる作業員の方々の事を気づかいつつも、
大気・食品・海水・さらには水道水に放射性物質が見つかってくると
自分の問題として色々なことが心配になるだろう。

--------
「原子力の話は分かりづらいうえに、『念のため』とか『ただちに健康に影響はありません』では不安は払拭できない。情報をもっと出して」と思っている方も多いだろう。

しかし、3号炉の爆発前後のモニタリングデータをなかなか出さなかった以外は、情報(測定数値)はわりあい早めに出てきていると思う。

あとは受け止める私たちの問題。

不幸なことに、原子力に関する情報は「色眼鏡」がかかった情報がものすごく多くて、「何やらよくわからんが、危険で怖いもの。原発についても、あまり深く考えたくないが電気は必要」という人が多かったのではないだろうか。

原発推進派や電力会社の出してくる情報は
「原発は管理されていて安全」「CO2を出さないクリーンエネルギー」「何重にも守られている」「日本の技術はすばらしい」「モニタリングデータを公開」と、いいことしか言わない。

反原発派からは
「原発は怖い」「想定外はどうやったって起きる」「電力会社は信用ならない」「被ばくは怖い」と市民の恐怖をあおって世論の風を起こそうとする。

科学的な情報を得ようとすれば、こんどはものすごく難解だし。

一部の反原発団体のホームページは「それみたことか!やはり想定外は起きるんだ!」「原子力をたたくなら今」みたいに祭り状態になっている、

自分の説が正当だったことをアピールしたいんだろうけど「そこで盛り上がるのはなんか違うだろ?」と違和感をおぼえる。

私は基本的に原発反対派だけど、2007年の柏崎刈羽原発の事故をきっかけに色々情報を取りいれるようになった(極端な反対派のいうことから極端な推進派のいうことまで一応読む。たくさん読むと、双方の矛盾が分かってくる)けど、なんとなく問題のシルエットが見えてきた程度。
(当時書いた記事はこちら

普段、あまり深く考えてこなかった人がパニックになるのも仕方ない。
でも「情緒の面」ではなく「リスクの面」で考えるなら、「退避圏内にいるわけでもない大人」なら、現状たいして心配いらないと思う。

成長期の子どもたちは放射性物質に対して感受性が高いので
子どもさんがいるおうちでは少しだけ気にしてあげる方がいいかもだけど。

その場合の「気にしたほうがいいことリスト」はこれくらいかな?

☆自分の居住地に近いモニタリングデータ地点の数値を定期的にチェックする。

☆水道水が基準値を超えた地域では、しばらく子どもには水道水を飲ませない(煮沸しても意味はありません。母乳をあげるお母さんも飲まない方がよいでしょう)。

☆雨にあたったら、ちゃんとお風呂に入る。

☆今はまだですが、これから海藻or魚にも検出があると思います(放射性物質が海水に出ているので)。安心のため、食品でヨウ素をとりたいとワカメや昆布を食べる時には、とりたて新鮮のものより、すでに乾物状態になってるものをお勧めします。(薬としてのヨウ素剤は、今のところ原発周辺で作業する人くらいしか必要ありません。)

このまま事態が収束すれば、誰も死なずに事故をおさめることができそうです。
しかし、風評被害で首つりする農家さんや漁師さんが出るようではお話になりません!
東電にはしっかり補償をしてもらいたいです。

あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(あいれんの言いたい放題)の記事
 日が昇ればまた新しい一日。 (2012-12-17 02:35)
 10年本気で続ければ、誰でも何かの専門家。 (2012-02-05 09:37)
 日本列島汚染計画 (2011-06-28 15:01)
 下水の復旧も待ったなし (2011-03-29 15:18)
 食品汚染と聞くと不安だろうけど (2011-03-20 15:56)
 検索される私達 (2009-11-22 14:09)

この記事へのコメント
震災、原発事故から4ヶ月。

知ったかぶって、この日記を書いたことを後悔しています。
(でも残しときます。これもあいれんの歴史なのじゃ。)

政府がこんなにダメダメだとは思わんかった。一生懸命やって、でもこの結果なんだって信じてた。

汚染を全国に薄めれば問題解決するわけ?(汚泥のことに限らず)

チビッコの食卓を整えるのに、こんなに悶々とすることになるとは思わなかった。

セシウム汚染牛の流通が報道される前から
「出所の怪しい肉を入れるならひき肉モノだろう」と考えたので(うたぐり深いあいれんは、ミートホープ社の冷凍コロッケの件が忘れられない)、アメリカorスペイン豚やオージー牛を材料に、ブラウンマルチクイックで挽いて、北海道産の白菜とにらで餃子を作ったり、震災前収穫の「よくねた玉ねぎ」と共にハンバーグを作ったりしてました。

ハッキリ言って手間かかるし「風評被害を助長する」「国内の農業が壊滅する」って言われそうだけど、食品の計測値をばしばし出してくれない限り、私としては安全側(安全そうに見える側)を選択していくしかできない。

3月11日までは、フードマイレージを意識してウキウキ買い物していたのに。本当に腹の立つことです。
Posted by あいれん at 2011年07月16日 13:22
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
福島第一原発事故に関する雑感
    コメント(1)