さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2011年03月20日

食品汚染と聞くと不安だろうけど

今朝、生協に買い物に行ったら
福島産の肉売り場には「これは震災前にと畜され、当店内で加工したものです」と張り紙があり
茨城県産の野菜は売り場から撤去されていた。

安心安全をうたっている生協としては、「消費者に不安を感じさせるものは売らない」ということだろうけど、「不安を与えそうな食品を、とりあえず売り場から撤去する」という対応はいつまで続けられるだろうか?

これは私の私見だけれど、
食べ物への放射能汚染はこれからも発見されると考えている。
福島・茨城以外の産地でも、何らかの食品汚染が見つかっていく場合
こんな対応がいつまでも続けられないことは明白。

そのうち、仕入れか流通の段階でガイガーカウンターで放射線量を測定することも考えてほしい。
やみくもに「実際に放射線量を測ってみればまったく問題のない商品」まで売り場から排除していくと
被災地の「経済的立ち直り」をものすごく邪魔することになる。

食品汚染と聞くと不安だろうけど、根気強く測定していくことで回避できる部分も大きいと思う。

そんなあいれんも、やはり不安な時には「気休め的行動」をするものです。

あいれんが見ている気休め用のサイト
環境放射線モニタリングデータ

北海道電力泊原子力発電所周辺の環境放射線観測データです。
自動的に最新のデータが表示されます。
数字に大きな変化は起きていないことが時系列のグラフで確認できます。


あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(あいれんの言いたい放題)の記事
 日が昇ればまた新しい一日。 (2012-12-17 02:35)
 10年本気で続ければ、誰でも何かの専門家。 (2012-02-05 09:37)
 日本列島汚染計画 (2011-06-28 15:01)
 下水の復旧も待ったなし (2011-03-29 15:18)
 福島第一原発事故に関する雑感 (2011-03-23 20:16)
 検索される私達 (2009-11-22 14:09)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
食品汚染と聞くと不安だろうけど
    コメント(0)