さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2011年03月29日

下水の復旧も待ったなし

阪神淡路大震災の時は、下水処理場の復旧までの時間稼ぎのために
下水処理場横の水路に汚水を仮置きして、それがあふれるまでに何とか復旧したという話を思い出した。

汚水の沈砂池や沈澱池も津波被害受けているということだろうから、浮遊物を沈殿させたあと微生物処理をかけて、そのうわずみを塩素消毒して放流という、通常の手段はまず使えない。

汚水はバキュームカーなどで吸い出した後、塩素ガンガン入れて捨てるしかなさそう。

街中に汚水があふれるということは、その地点の汚水ポンプが作動できてないということなんだろうなぁ。
自然流下だけなら、下水処理場周辺だけで問題が発生するんだろうし。

これから暖かくなってくるし、衛生面がすごく重要になってくると思う。
地震と津波から助かった命が、下痢で失われるのは絶対に嫌だ!

--------------
<東日本大震災>下水がネックに…上水道より復旧遅れ 宮城
http://mainichi.jp/photo/news/20110329k0000e040030000c.html  


Posted by あいれん at 15:18Comments(0)あいれんの言いたい放題