さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2009年02月26日

参観日に行ってきました

小学校1年生の娘の参観日に出かけてきました。
年度内最後の授業参観。子どもたちは鍵盤ハーモニカで曲を披露してくれたり
詩の暗唱をしてくれました。

班に分かれての創作劇では、娘は「子どもたちを襲う怪獣」というヒールな役どころを熱演し、
ひざ掛けをマントに着たヒーローに懲らしめられておりました(笑)
しかも最後には子どもたち・ヒーロー・怪獣が一緒に遊ぶという急展開ぶり。
子どもたちの発想は突拍子もなくておもしろいです。

その後の懇談会で、新しい学習指導要領について説明を受けました。
私が子どもの頃はゆとり教育への移行期で、だんだん習う漢字の量が減ってきたり
中学生の頃からは週休2日制が始まってきたりしていたのに、
逆の動きが起きているようです。
具体例としては、私が小学4年で習ったローマ字も、3年生で習いはじめます。
また、彼女たちが2年生になると現在の2年生よりも週に1時間授業時間が増えるそうで、
週5日、びっしり5時間授業を受けてくることになるそうです。

担任の先生も、「5時間目、疲れが出てだれないように工夫します」とおっしゃっておりましたが、
親としても週末に強行軍なスケジュールで外出したりしないように気をつけなくちゃ。
もちろん、ノートや教科書を時々チェックして、どんなことを習ってるか知っておくのも重要かも。
時々、線の一本多い漢字を創作してせっせと書き取りしていることもあるしねicon10
小学校の勉強に関しては、塾に行かせるよりも親が関心を持ってちょろちょろ家庭学習ノートをのぞきこむ方が有効だと思っているあいれんなのでした。
  


Posted by あいれん at 17:50Comments(2)子育て